たまごや石鹸堂 SHOP mailmagazine しあわせな後退 ひよこのページ お散歩のページ
NEWS NEWS GENZO
しあわせな後退

事件 【1】

ところが、こうして育ててきた鶏たちがようやく玉子を産み始めたある日、思いもよらないことが起きました。

ある朝、私たちが鶏舎へ行ってみると、何かの動物に襲われて鶏の半数が死んでいたのです。

私たちの住む家は、鶏舎から車で7〜8分の山のふもとにありました。
私たちは毎日鶏の世話に通い、自宅に帰って寝ていたのです。

朝は早くから鶏舎へ行っていましたが、夜中は鶏舎が無人になるので野生動物に襲われたりしないように万全の策を講じていたつもりでした。

タヌキに地面を掘って侵入されないように金網の真下にぐるりと壁になるものを埋め込んでありました。
イタチなどの小さな動物が隙間から侵入しないように屋根と金網の隙間もきちんと埋めてありました。
野生動物の目線から鶏が見えないように、金網の下の部分には45cm程度の目隠しもつけてありました。

ところが金網の継ぎ目に甘いところがあり、そこに大きな穴が開けられていたのです。

前年の7月からヒヨコを育て始め、半年近くかかってようやく玉子を産み始めた鶏たちの半分が、玉子を産み始めてたった3ヶ月足らずで何かに殺されてしまったのです。
私たちが数年がかりでようやく「たまごや」を始め、半年かかって育てた鶏が玉子を産み始めた矢先のできごとでした。

 
当サイトはリンクフリーです。
お好きな方のバナーをお使いください
当サイトの画像や文章を許可なく転載することをお断りいたします。
(C)たまごや石鹸堂 2003-2009 all rights reserved.

http://www.tamagoya-shabondo.com