たまごや石鹸堂 SHOP mailmagazine しあわせな後退 ひよこのページ お散歩のページ
NEWS NEWS GENZO
しあわせな後退

2度目の転機 【1】

このように暮らしていた私たちが、「たまごや」をやめなければならなくなったのは、「たまごや」を始めて3年足らずの秋のことでした。
毎日忙しく働き回って、二人とも健康に生活していたのですが、ある時から私が喘息の発作を起こすようになってしまったのです。

私は小さい頃に小児喘息を患っていましたが、大きくなってからはひどい発作など起こしたことがなかったのです。
それが、その頃からたびたび喘息の発作を起こすようになってしまい、それは日を追う毎にひどい発作になっていきました。

ゼーゼーと息苦しい日々でしたが、「たまごや」の仕事は夫婦二人で1日中動き回ってやっと成り立つ仕事だったので、体はそのうちよくなるだろうと市販の薬を飲むだけで日々の仕事に追われていました。

その時は体のことより「鶏を健康に育て、できた玉子はその日のうちに配達・発送しなければならない」という思いの方が強かったのかもしれません。

そのうちプレハブで寝ると苦しくて眠れないので私だけ自宅に帰って眠るようになりましたが、朝早くから夜遅くまで鶏舎での作業は続きました。

 
当サイトはリンクフリーです。
お好きな方のバナーをお使いください
当サイトの画像や文章を許可なく転載することをお断りいたします。
(C)たまごや石鹸堂 2003-2009 all rights reserved.

http://www.tamagoya-shabondo.com