たまごや石鹸堂 SHOP mailmagazine しあわせな後退 ひよこのページ お散歩のページ
NEWS NEWS GENZO
しあわせな後退

「たまごや」の終わり 【1】

私は結局、10日入院しました。
そして私が入院している10日の間に主人は「たまごや」をやめるという結論を出しました。

おそらく主人にとって、「たまごや」という仕事をしていくことが人生のすべてと言ってもよいほどになっていたでしょうから、この結論を出すまでには想像をはるかに超えた苦悩があったと思います。

二人で朝から晩まで働いてようやく維持することができるこの仕事を主人が一人で続けていくことは、どう考えても不可能でした。

私の体が原因で、主人の人生そのものと言ってもいい暮らしを奪ってしまうことになるということに私も苦しみましたが、サラリーマン時代に職場を奪われ、その後苦労してたどり着いた理想の暮らしもまた奪われることになってしまった中で、その結論を出した主人の苦しみは大きかっただろうと思います。

しかし、今までいろいろな転機があった中で、主人は一番つらかったであろうこの結論を一番早く出しました。

私は人生のすべてと言ってもよい「たまごや」の暮らしを妻である私の健康と引きかえに手放すことを決断した主人に、ありがたいと思う気持ちと申し訳ないと思う気持ちで涙が止まりませんでした。

 
当サイトはリンクフリーです。
お好きな方のバナーをお使いください
当サイトの画像や文章を許可なく転載することをお断りいたします。
(C)たまごや石鹸堂 2003-2009 all rights reserved.

http://www.tamagoya-shabondo.com